綱島ドイツパンの店 Am FluSS アムフルス

  • 2011.10.04 Tuesday
  • 08:40
JUGEMテーマ:家庭

綱島に美味しいドイツパンのお店が出来ました!
ツタヤの裏辺りです。アムフルスとはドイツ語で川のほとりっていう意味だそうです。ドイツ語さっぱり分からないので、覚えにくい。。。
若くてスリムなオーナーシェフはドイツで8年間修行したそうです。



先週木曜に行って、あまりにも美味しかったので日曜に又行ってしまいました。
気に入ってしまい、恥ずかしくも店内の写真を撮らせていただきました。

カウンター越しに注文します。
左が製造場所で、粉石臼で挽くところからパンを作っています!






メアーコーンブロートは色々な入っていて、味が深い!どれも美味しいけどオススメ!




ゼンメルたちです。ゼンメルとは丸く成型したパンの総称らしいです。
右がセサミ、左がモーンです。

私が買ったのはディンケルゼンメル(157円)です。
古代小麦が70%、全粒粉30%です。



下が同じ古代小麦入りのディンケルブロートでこちらの方が古代小麦率が高いと言っていたような。
ちなみにブロートはこういう大きめのパンのことを言うそうです。




あまりにも気に入って写真が多くなってしまいました。
続けます(笑)

クュービスケルンのハーフ(441円)です。



ライ麦が20%って言ったかな。かぼちゃの種入りです。
家にあったカマンベールチーズをのせて食べました。チーズをのせて焼いた方がとろっとして好みでした。生地美味しいです。

ディンケルゼンメル(157円)です。



古代小麦が70%、全粒粉30%です。
ぱさぱさしているかと思いきやしっとり~味あります。噛み噛みするのが嬉しいというか、味を感じ続けたい感じ(笑)上の押し麦が又良いです。

ヴァイツェンミッシュのハーフ(367円)です。



試食しすぎて、特徴聞きすぎて何がなんだか分からなくなってしまいました。
これの特徴は忘れましたが、娘(11ヶ月)が食べやすいパンです。ライ麦20%位だったような。
今日の娘のお昼はこのパンでした。

ドイツパンのイメージが変わりました。
黒っぽいとか、ぱさぱさしているとか、酸っぱいというイメージが払拭しました。
しっとりしていて、味があってとても美味しいです。

違いを確かめながら食べるのが楽しい。
%だとこんな感じか〜と食べるのが好きなので(こういうところだけ理系なのです)。まだまだ色々あるし、焼菓子もあります。試食でいただいたドイツパンのバケットも美味しかったし、オススメイチオシのビアーブロートも美味しかった。通いそうです。
一人なので、ハーフを買ってもなかなか消費できないのが難点・・・。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM